HOME  > 技術紹介 > 成形技術

ジュラコン® POMの成形技術

目次 はじめに 安全 成形機 成形条件 再生 成形加工 成形品設計 金型設計 不良対策

 

ジュラコン® POMのグレード一覧へ 当ページのPDF(0.97MB)

目次

 

1.  はじめに

2. 成形作業における安全衛生

2.1 成形作業上の注意点

2.2 衛生

2.3 始動、停止、材料替え

3. 成形機

3.1 成形機の選定

3.2 可塑化機構

3.3 射出機構

3.4 ノズル構造

4. 成形条件

4.1 標準成形条件

4.2 予備乾燥

4.3 シリンダ温度

4.4 金型温度

4.5 射出圧力

4.6 射出速度

4.7 スクリュー回転数と背圧

4.8 成形サイクル

4.9 モールドデポジット対策

5. 再生品の使用

 

6. 成形加工特性

6.1 流動性

6.2 成形収縮特性

6.3 後収縮と吸水寸法変化

6.4 熱安定性

7. 成形品設計

7.1 設計のポイント

7.2 寸法精度

7.3 変形

7.4 寸法管理法

7.5 成形品強度

8. 金型設計

8.1 ランナ

8.2 ゲート

8.3 抜き勾配

8.4 アンダーカット

8.5 ガスベント

8.6 金型温度調節

8.7 金型材質

9. 成形不良と対策