<お客様各位> PET樹脂 商標変更のお知らせ (FR-PET®からRENATUS®への変更)

 HOME  > 技術紹介 > 成形技術

ジュラネックス(R) PBTの成形技術

目次 はじめに 成形条件の選定 成形加工特性 成形品品質 金型設計 安全上の注意 不良対策
 

ジュラネックス® PBTのグレード一覧へ 当ページのPDF (1.94MB)

目次

 

1. はじめに

2. 成形条件の選定

2.1 標準成形条件

2.2 予備乾燥

2.3 シリンダー温度

2.4 金型温度、射出速度、成形サイクル

3. 成形加工特性

3.1 流動性

(1) 溶融粘度特性

(2) 棒流動長

3.2 収縮特性

(1) 成形収縮率

(2) 後収縮率

(3) アニーリング

(4) 吸水による寸法変化


 

4. 成形品品質

4.1 寸法公差

4.2 変形

(1) 形状設計と変形

(2) ゲート設計と変形

(3) 成形条件と変形

4.3 再生利用

5. 金型設計

5.1 ランナー設計

5.2 ゲート設計

5.3 ガスベント

5.4 アンダーカット

5.5 抜き勾配

5.6 金型温調

5.7 金型の材質

6. 安全上の注意

7. 成形不良の原因と対策