Polyplastics株式会社

 HOME  > 企業情報 > CSR

ポリプラスチックスグループのCSR

  • CSRトップ
  • ポリプラCSRの考え方
  • ハイライト
  • トップメッセージ
  • 社会貢献
  • お客様に寄り添って
  • 才能豊かな魅力溢れる人財の創出
  • 環境との調和
  • マネジメント
  • PDF版ダウンロード
  • アンケートフォーム
  • 私たちのエンプラを紹介します
  • こんなところにもポリプラスチックス
  • ポリプラグループ紹介
ポリプラスチックスのCSR

ポリプラスチックスらしいCSRを目指し、企業の社会的責任として、社会のルールを守るだけではなく、積極的に社会の課題解決に貢献していきます。

ポリプラスチックスのCSRの考え方

当社の企業理念は「エンジニアリングプラスチックスの無限の可能性を追求し、才能豊かな魅力あふれる人財の創出と、Innovationによる豊かな未来社会の形成に貢献する」であり、エンプラを通じて社会に貢献していく姿勢を明確に示しています。一方で、社会的責任という観点からは、事業活動そのものに社会的に意義があるとともに、事業活動を通じて社会を良くしていくことが必要です。

合わせてみると、当社が企業理念の実現のために努力することは、社会的責任を果たしていくこと、すなわちCSRと重なり合います。そのために当社は、(1)事業活動そのものにより社会に貢献することと、(2)事業活動を通じて社会を良くする機会を提供すること、この2つの側面から活動に取り組んでいきます。社会の一員として、国や地域行政の取り組みを支援して、企業ならではの取り組みで社会的責任を果たしていきたいと考えています。

実際の活動にあたり、当社は(1)エンプラ事業を通じて(2)才能豊かな魅力あふれる人財の創出(3)環境との調和(4)コンプライアンスの着実な実践(5)社会貢献の5つの基本的な考え方をベースにCSRを推進していきます。

ポリプラスチックスのCSRの考え方

持続可能で豊かな未来社会の形成を目指し、事業活動そのものにより社会に貢献すること、 および事業活動を通じて社会を良くする機会を提供することの2つの側面から以下の具体的な活動に取り組んでいきます。

1事業活動そのものにより社会に貢献する

  1. エンジニアリングプラスチックのソリューション提供を通じて豊かな社会の形成に貢献する
  2. 人財活用を通じて才能豊かな魅力あふれる人財の創出に貢献する
  3. 環境負荷を低減し、環境と調和した事業運営を図る
  4. コンプライアンスを重視し、社会的に公正な事業運営を行う

2事業活動を通じて社会を良くする機会を提供する

  1. 事業活動の基盤となる地域の豊かさに貢献する
  2. 未来社会を担う人財確保のため、次世代育成の場を提供する
  3. 個人の自発的意思による社会貢献活動を支援する

(1)エンプラ事業を通じて

豊かな未来社会の実現のために、企業のイノベーション力は必要です。当社は、エンプラ事業を通じて社会に貢献します。

(2)才能豊かな魅力あふれる人財の創出

あらゆる企業にとって人財が付加価値の源泉です。当社は、多様な人財に活躍の場を提供し、魅力あふれる人財を育成します。

(3)環境との調和

持続可能な社会の実現のために、環境負荷低減への取り組みは欠かせません。当社は環境負荷を低減し、環境と調和した持続可能な社会の実現に貢献します。

(4)コンプライアンスの着実な実践

社会の一員として、社会のルール、法令や社会的規範を順守します。

(5)社会貢献

「当社が事業を展開する地域社会の豊かさに貢献する」「未来の社会を支える人財育成に貢献する」「一人ひとりの自発的な社会貢献活動を支援する」という3本柱で、地域ひいては社会全体が抱える課題の解決に貢献します。

当社のCSRを実現していくために、今後どのような分野に(1)重点的に経営リソース(ヒト・モノ・カネ)を投入して注力すべきなのか、(2)引き続き多くの経営リソースを投入して高いレベルを維持していくべきなのかについて検討します。現場で取り組んできた個々のCSR活動をベースに、「持続可能で豊かな未来社会の形成のために当社が重点的に取り組んでいくべき重要と思われる分野」をCSR重点分野と選定し、活動を進めていきます。

中国における模倣品にご注意ください

推奨ブラウザはInternet Explorer8.0以上です。

OUTPUT PAGE

WEB@TSC
技術資料PDF プラスチック・パビリオン 採用情報 PLAMOS有料受託サービス 会社紹介動画