HOME > 製品情報 > 物性カタログジュラコン® POM > TR-20 CF2001/CD3501

ヘルプ

TR-20 CF2001/CD3501 (ISO)

印刷
詳細な印刷
中国における模倣品にご注意ください
項目 単位 試験方法 ミネラル強化
TR-20
高剛性・低そり
カラー CF2001/CD3501
ISO(JIS)材質表示 ISO11469
(JIS K6999)
>POM-TD15<
密度 g/cm³ ISO 1183 1.53
吸水率 (23℃、浸漬24hr、1mmt) % ISO 62 0.5
MFR (190℃、2.16kg) g/10min ISO 1133 21
MVR (190℃, 2.16kg) cm³/10min ISO 1133 16
引張強さ MPa ISO 527-1,2 59
引張破壊ひずみ % ISO 527-1,2 5.0
引張弾性率 MPa ISO 527-1,2 4,500
曲げ強さ MPa ISO 178 96
曲げ弾性率 MPa ISO 178 4,100
シャルピー衝撃強さ (ノッチ付、23℃) kJ/m² ISO 179/1eA 3.0
荷重たわみ温度 (1.8MPa) ISO 75-1,2 125
線膨張係数 (23~55℃、流動方向) x10-5/℃ 弊社法 8
線膨張係数 (23~55℃、直角方向) x10-5/℃ 弊社法 8
絶縁破壊強さ (3mmt) kV/mm IEC 60243-1 21
体積抵抗率 Ω·cm IEC 60093 2 x 1014
表面抵抗率 Ω IEC 60093 9 x 1015
体積抵抗率 (弊社法) Ω·cm -
表面抵抗率 (弊社法) Ω -
成形収縮率 (60□×2mmt、流動方向) % ISO 294-4 1.6
成形収縮率 (60□×2mmt、直角方向) % ISO 294-4 1.5
ロックウェル硬度 M(スケール) ISO2039-2 75
比摩耗量 (スラスト式、対炭素鋼/評価材側/面圧0.49MPa, 30cm/s) x10-3mm³/(N·km) JIS K7218 30
比摩耗量 (スラスト式、対炭素鋼/炭素鋼側/面圧0.49MPa, 30cm/s) x10-3mm³/(N·km) JIS K7218 0.10
動摩擦係数 (スラスト式、対炭素鋼/面圧0.49MPa, 30cm/s) JIS K7218 0.50
比摩耗量 (スラスト式、対炭素鋼/評価材側/面圧0.98MPa, 30cm/s) x10-3mm³/(N·km) JIS K7218 -
比摩耗量 (スラスト式、対炭素鋼/炭素鋼側/面圧0.98MPa, 30cm/s) x10-3mm³/(N·km) JIS K7218 -
動摩擦係数 (スラスト式、対炭素鋼/面圧0.98MPa, 30cm/s) JIS K7218 -
比摩耗量 (スラスト式、対M90-44/評価材側/面圧0.06MPa, 15cm/s) x10-3mm³/(N·km) JIS K7218 5.0
比摩耗量 (スラスト式、対M90-44/M90-44側/面圧0.06MPa, 15cm/s) x10-3mm³/(N·km) JIS K7218 90
動摩擦係数 (スラスト式、対M90-44/面圧0.06MPa, 15cm/s) JIS K7218 0.40
燃焼性   UL94 HB
UL イエローカード File No.     E45034 *2
「輸出貿易管理令」の該当項番     別表第一 16の項

試験条件について特に記載のないものは、常温(23℃)で測定されたデータとなります。
各物性項目の、試験条件の詳細はこちらをご参照ください

*2) イエローカード記載のデータは、色や肉厚等の条件によって限定されているものもありますので、内容をよくご確認の上でご使用ください。

詳細物性データ

成形性  流動性  データを表示する  
成形性  収縮率  データを表示する  
成形性  再生特性  データを表示する  
成形性  滞留特性  データを表示する  
短期機械的特性  引張り応力-ひずみ曲線  データを表示する  
短期機械的特性  最大応力の温度依存性  データを表示する  
短期機械的特性  弾性率の温度依存性  データを表示する  
長期機械的特性  クリープ破壊  データを表示する  
長期機械的特性  クリープ変形  データを表示する  
耐久性  耐薬品性、耐熱水性、耐湿熱性  データを表示する  
熱的性質  線膨張係数  データを表示する  
二次加工性  接着性  データを表示する  

上記の値は材料の射出成形時における代表的な測定値であり、材料規格に対する最低値ではありません。
ここに示したデータは異なった条件下で使用される部品にそのまま適用できるとは限りません。